コピスアートプログラム5/28(月)~6/27(水)


開催日程

展示期間
5/28(月)~6/27(水)
入札・投票期間
5/28(月)~6/17(日)

次回予告

展示期間
5/28(月)~6/27(水)
入札・投票期間
5/28(月)~6/17(日)

開催場所

A館B館5F・連絡通路

出展作品一覧5/28(月)~6/27(水)

  • 君のために

    君のために

    福本 綾
    キャンバスに油彩

    顔には出さないけれど、誰かの笑顔のために頑張ることだってあるよ。

  • 式日

    式日

    福本 綾
    キャンバスに油彩

    最近、背景の色づくりに凝っています。どこかで見たキレイだと思った色、そこからイメー
    ジした女性を描きました。

  • 少女Aの場合

    少女Aの場合

    矢島一賢
    パネルに綿布、油彩

    なぜ漫画なのか?
    ○自己の原点として
    テレビの誕生により、メディアからの人格形成が起こる現在。一番初めに意識して見るのはNHKの幼児教育の番組かアニメ(アンパンマンやサザエさん。今だとポケモン)から影響を受け受け始めます。後に特撮ものや、ガンダム、ジャンプ関係のアニメに移行していきます。そして、関連した漫画を読むようになります。
    私も漫画から影響されて絵を描きました。当時の私は友達が少なく、絵ばかり描いていました。アニメのキャラクターが好きで描いているとそれを見た友達が話しかけてくれるようになり、友達に繋がっていきました。そのことがきっかけでこの世界に入ってきましたし、アニメのキャラクターが自分の原点なのだと思います。
    ○日本人としてのアイデンティティー
    ここに来ての日本政府の外交問題や尖閣諸島沖での事件によって、愛国心の希薄化していっている日本に再び愛国心を呼び起こしたと思います。それによって日本人としてのアイデンティティーや独自性が政治の世界でも美術界でも求められていると思います。
    漫画は大人にも愛され、ポピュラーな文化です。そして、日本の世界へ向けた産業でもありますし、日本文化を表現する上でもうってつけだと考えています。
    ○アートとしての漫画
    漫画は大衆文化として、現在の浮世絵であります。
    浮世絵は世界の人々にジャポニズムとして、衝撃を与えました。まさしく、クールジャパンです。言い換えれば、漫画は現在のジャポニズムです。浮世絵がアートとして認知されている現在、また漫画家が美術館で企画されている現状において、漫画はアートのテーマとして既に完成されたものになっている様に思えます。
    ○スーパーフラットは平らであるが、私の作品はフラットでない。画面からも飛び出している。またスーパーフラットが現代の日本社会の階層性のなさを表現しているが、現在の日本は徐々に変化している。2010年10現在失業率は5.1パーセント。11年春新卒大学生の就職内定率は57・6%である。これは調査が始まった平成8年以来で過去最低となっている。また収入の面で見ると、年収300万以下の割合が42パーセントいる。グラフで表すと300万以下を頂点として山型になっている。格差社会とメディアが報じているように体制は変わってきているのでフラットは異なると考えた。
    また日本では、新卒者が優遇な社会で既卒者や失業者には難しい社会だ。徐々に就職者から離れて孤立していく。だから、登場する人物は一人や孤独感を出すようにしている。私はこれらのテーマを昇華させ、新たな美術作品として、また、スパーフラットの次の位置にある作品として提示しようと試みた。

  • 夢の続き

    夢の続き

    鈴木顕恵
    リトグラフ

    壊れた世界でも願うことはきっと真実なのだろう

  • 道 ーチェスキークルムロフー

    道 ーチェスキークルムロフー

    鶴田昌子
    綴織物(絹、綿、ウール)

    「世界中の道が国と国、人と人とを結ぶ」

  • 道 ープラハ城近郊ー

    道 ープラハ城近郊ー

    鶴田昌子
    綴織物(絹、綿、ウール)

    「世界中の道が国と国、人と人とを結ぶ」

  • 道 ーチェコの街並ー

    道 ーチェコの街並ー

    鶴田昌子
    織物(絹、綿、ウール)

    「世界中の道が国と国、人と人とを結ぶ」

  • 道 ーチェコの路地ー

    道 ーチェコの路地ー

    鶴田昌子
    織物(絹、綿、ウール)

    「世界中の道が国と国、人と人とを結ぶ」

  • 「Graphium sarpedon(minimum collection #20)」

    「Graphium sarpedon(minimum collection #20)」

    ナカムラケイゴ
    キャンバスに油彩

    翅を開いて休んでいるアオスジアゲハを描きました。
    アオスジアゲハ(学名: Graphium sarpedon)は、アゲハチョウ科アオスジアゲハ属に分類されるチョウの一種。成虫の出現期は5-10月。都市周辺でもよく見られ、公園、街路樹、照葉樹林などに生息する。