新作が入荷しました。(A館3F 群言堂)

ショップ名
群言堂/gungendo
グンゲンドウ
フロア
A館3F

群言堂の秋の新作が入荷しました。

ブランド『登美』の秋の新作です。

広島県福山市。
デニムで有名な産地です。

水玉デニムジャガード を手がけてくださる機屋(はたや)さんをご紹介いたします。

デニム生地の中でも、織り柄が複雑なジャガード織りは隣町の工場で織り上げられています。

群言堂のオリジナル柄をデニムで表現してくださる職人さんの小越さんです。

登美の新作 水玉デニムジャガードが織られていました。
タテヨコの2色の糸から、水玉柄が織り込まれていきます。

表と裏で柄の見え方が違う「水玉デニムジャガード」

 

天井から織機まで、無数の紐が降りています

 

 

織り組織を組み合わせて、複雑な柄を表現するジャガード織機

その、糸と糸のこと。
織機のことを手取り足取り教えてくださいました。

 

両手をタテ糸とヨコ糸に見立てて、織りの仕組みを説明してくださいます。

 

群言堂スタッフ『小越さんはわたしたちが「こんな生地を作りたい」というアイデアやご相談を投げかけると、いつも (プラスアルファ)で返してくれるんです。』
試し織りの依頼をして数週間。届いた織り見本にはいくつかのバリエーションが同封されていました。
それは “ヨコ糸の色を変えたらこんなのもできるよ” だったり、“組織を変えたらこんなのも出来て面白いよ” みたいな、そんな声が聞こえてきそう。

予想してない思いがけない生地が素敵で、採用させていただくこともあります。
そんな職人さんとアイデアを出し合って、新しい素材を生む時間がとても楽しいんです。
いろんな発見や勉強を繰り返しながら、職人さんのアドバイスを組み込みながら、群言堂のデニムジャガードは生まれています。

まだまだ暑さも続きますが、新作も入荷しておりますので、ぜひご来店をお待ちしております。