Christmas Tree Parade

コスピ吉祥寺が、地域を愛し、楽しむ人々と作り上げる
GREENINGなクリスマス

Christmas Tree Parade

2017年11月3日(金・祝)~12月25日(月)
‐ 吉祥寺人による25のオリジナルツリーを館内各所に設置、オーナメントワークショップも ‐

コピス吉祥寺(所在地:東京都武蔵野市)は、2017年11月3日(金・祝)~12月25日(月)の間、地域を愛し、楽しむ人々と作り上げるGREENINGなクリスマスイベント「Christmas Tree Parade」を開催します。
こころをみどりにするアクション「GREENING」をテーマとして、ライフスタイルの提案を発信しているコピス吉祥寺の今年のクリスマスは、事前応募で選ばれた吉祥寺周辺在住者による10作品と吉祥寺に在住・活動拠点とするアーティスト/企業による15作品、計25のオリジナルクリスマスツリーを施設館内各所に設置。吉祥寺に暮らし・集う人の個性やライフスタイルをツリーに表現することで、地域の人々とともにクリスマスを一緒に盛り上げていきます。

メインビジュアル デザイナー:よるのとびらをひらく方法

吉祥寺の絵本の古本屋「MAIN TENT」のオーナーにしてプロダンサーの兄、冨樫チト。デザイナーの妹、冨樫ましろ。2人で一枚の絵を描く、世にも珍しい兄妹ユニット。幼少期よりボタニカルアートで鍛えた技術を武器に、現実世界に非現実世界を溶け込ませた作風で、企業のバナー広告や情報誌の表紙などを手掛ける。 (「Christmas Tree Parade」にも参加)

また期間中、A館1階メインエントランスには直径約2.5mの大型リースを設置するほか、参加型イベントとして11月3日(金・祝)・4日(土)の2日間は毛糸で星形のオーナメントを作る手芸作家 下田直子氏によるワークショップも開催。(当日コピス館内でお買い物をしていただいたお客様、各日先着100名様が対象)

コピス吉祥寺は、これからも「吉祥寺を愛し、楽しむ人々の生活に寄り添う 『憩いの空間』」として、“GREENING”をコミュニケーションワードに吉祥寺に集う人へ新たなライフスタイルを提案していきます。

GREENINGとは・・・
“GREENING”とは「緑化する」という語源から派生し、“生命力と新鮮さを回復させる”という意味でも用いられる言葉です。当施設ではこの“GREENING”を『こころをみどりにする=自分にちょっとした余裕をつくる取組み』と位置付けました。自分を自然な状態に戻すこと。心が波立ったとき、ざらついたとき、自分を落ち着かせてくれる何かを見つけること。たとえば、気の向くまま歩く、休みたい時に休むといったように。当施設では、「吉祥寺を愛し、楽しむ人々の生活に寄り添う 『憩いの空間』」として、“GREENING”をコミュニケーションワードに当施設が考えるライフスタイルを提案していきます。

「Christmas Tree Parade」

事前応募で選ばれた吉祥寺周辺在住者による10作品と吉祥寺に在住・活動拠点とするアーティスト/企業15作品、計25のオリジナルクリスマスツリーを施設館内各所に設置。吉祥寺に暮らし・集う人の個性やライフスタイルをツリーに表現することで、地域の人々とともにクリスマスを一緒に盛り上げていきます。

■実施期間:2017年11月3日(金・祝)~12月25日(月)
■参加アーティスト:赤い椅子プロジェクト 、いいだアイプラス吉祥寺、岩切 章悟、OMIKO FAR FAR、きたがわゆきこ、吉祥寺ECCO!!、SUEKKO LIONS©、大護慎太郎 (atelier coin)、 タとエ、Toshinori Yoneta ( “ワンピースとタイツ / FURUGIーNI−LACE )、株式会社 鳥、パンイチ、宮地淑江、和シスタズ、よるのとびらをひらく方法

〈参加アーティストプロフィール(一部)〉

赤い椅子プロジェクト

赤い椅子プロジェクト

左:代表 加藤研介
(建築家として「場」を大切にした空間づくりを行う、中道通りにある建築設計事務所バノラボ代表。)
右:加曽利千草
(吉祥寺生まれのデザイナーとして活動中。)

岩切 章悟

岩切 章悟

未知の環境での製作を好み 数十カ国もの国に絵を描く旅をする中でも強く影響を受けたのが中南米を中心とするラテンアメリカ先住民文化であり彼らとの生活を通しシャーマニズムに触れその経験が自身の絵画世界の中にも大きく反映されている。

OMIKO FAR FAR

OMIKO FAR FAR

ヨーロッパ、メキシコ、アジアと色んな国を旅して見てきたカラフルなスパイスにセンスを混ぜて、ちょっと奇妙でへんてこなcandleを制作。吉祥寺アムリタ食堂で働いてからはアジアの極彩色を意識したcandleやアクセサリーも作りつつ、ワークショップやイベント出店で活動中。

SUEKKO LIONS©

マドンナ的なお姉さんとのお別れの際に贈り物を製作したことがきっかけとなり結成したクルー。東京都杉並区を活動拠点にラブなギフトを作り続けている。

大護慎太郎 (atelier coin)

手作り腕時計ブランド、JOIE INFINIE DESIGN を2003年より始める。2009年には、吉祥寺にてatelier coinをOPEN。腕時計を軸に、時にまつわる作品を制作。

タとエ

大島武宜(おおしま・たけのり)と伊藤絵里(いとう・えり)によるデュオユニット。ガットギター・ピアノ・パーカッション・うたなどのアコースティックサウンドとシンセサイザなどのエレクトロニックサウンドを変拍子とともに巧みに組み合わせ、世界を照らす冒険音楽をお届けしています。対象年齢は3歳以上。

Toshinori Yoneta

ブランド “ワンピースとタイツ”・“FURUGIーNI−LACE”、カフェ “コマグラ カフェ”のディレクター。“ふくとしょく”をキーワードに活動する。ディレクション以外にも衣装製作やグラフィック、マーケットなど幅広く活動中。

株式会社 鳥

『とりいれよう。暮らしに鳥を。こころに鳥を』が キャッチコピー。鳥に興味を持つ人が増えてほしい!という思いから2010年に設立。鳥の観察と工作を組み合わせ、ワークショップや商品企画にとり組む。

パンイチ

パンを通して、ちょっと特別な幸せを届けたい。みんなに美味しいパンを届けようと始めたパンの朝市「パンイチ!」。いつもの生活がちょっと特別になる、作り手の思いをのせたパンと、パンで繋がる出会いの場を作っています。

オーナメントワークショップ「毛糸でモコモコな星のオーナメントを編もう!」

手芸作家 下田直子氏によるオーナメントワークショップを開催。毛糸で星形のオーナメントを2つ作成し、1つはご自分用に、1つはA館3階 unico前のGREENING壁面装飾に飾り付けます。

■実施期間:2017年11月3日(金・祝)、4(土)
■受付時間:①11:00 ~ 12:30 ②14:00 ~ 15:30

■実施場所:A館4階 ハートのオブジェ前
■参加者:1日あたり先着 100名
■参加条件:コピス館内の当日のお買い物レシートを提示
※当日、会場にて参加申し込みを受付(上記時間中に空席があれば常時受け付け)
■制作時間:15~20分程度
■講師:手芸作家 下田直子(Naoko Shimoda)

〈プロフィール〉
1953年 東京生まれ。文化服装学院ハンディクラフト科卒業。ニットメーカー「一つ目小僧」「FICCE UOMO」などのデザイナーを経て渡米。帰国後『毛糸だま』(日本ヴォーグ社)で発表されたニット作品が大好評を博し、手芸作家として不動の地位を築く。
1993年 福島県立美術館で開催された「現代の染織」展で現代作家の一人に選ばれる。
1998年 手芸スクール「オフィスMotif」を吉祥寺に設立。著書は現在まで35冊を数える。
2014年 美術館えきKYOTOにおいて「下田直子ハンドクラフト展 – 手芸っておもしろい」を開催し3万人を動員、その後2016年日本橋三越、博多阪急と巡回展覧を行った。

Greening Christmas 抽選会

期間中、館内対象店舗でお買い上げいただいた方を対象とした抽選会を実施します。
■実施期間:2017年12月8日(金)~12月10日(日)
■実施時間:11:00~20:00
■実施場所:A館 2階 吹き抜け横特設コーナー
■参加条件:対象期間中に、コピス館内店舗でお買い上げ頂いたレシート、合計3,000円(税込/合算可)ごとに1回抽選可能。
■当選賞品:コピス吉祥寺お買物券、コピス吉祥寺テナント商品、吉祥寺人気店のお食事券など(予定)
※抽選会参加者全員に「Greening Christmasオリジナルクリアファイル(A4)」を差し上げます。